包茎と病気との関係

包茎と病気との関係

包茎は亀頭の部分が皮に隠れてしまっているので、皮と亀頭の隙間の部分に細菌が増殖しやすいので、炎症や細菌感染が起きやすいとされていて、これを防ぐためには皮を無理やりむいて入浴時に洗う方法や、特殊な器具を用いて亀頭にかぶさっていて皮を固定する方法などがあります。

包茎の人のお悩みとして多い病気ですが、これに関しては不特定多数のパートナーがいる場合とそうでない場合でかなりの違いがあるのですが、信頼できるパートナーがいる場合はクラミジアや梅毒などの心配はないのですが、風俗に通っていたり、不特定多数のパートナーがいる場合は、包茎の人は感染症にかかりやすいので、進行してしまって重篤な病気にかかるリスクが高くなります。

これを防ぐためには包茎手術をして根本的に治療をすることが必要なのですが、高額な治療費がかかるので、皮を固定する器具を使ったり、仮性包茎の場合はそのままセックスをしている人もいます。

しかし皮に守られている状態が長く続くと亀頭の表面の神経が過敏になるので、それによって早漏などの症状が出ることがあります。
また衛生的に問題があるので、皮の部分を切除して亀頭部分を露出させるための手術を行うことが重要です。

包茎手術・包茎治療を高崎市でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ