包茎手術後に包茎に戻る可能性

包茎手術後に包茎に戻る可能性

包茎には仮性、真性、カントンの3種類があり、後ろ2つは治療が必要とされており、おもに手術などの手段がとられます。
仮性の場合は、見た目さえ気にしなければ、とくに治療を行う必要はないとされていますが、男性にとってはお悩みの定番であり、手術や矯正器具などの治療に踏み切る人もいます。

このように解決策のある包茎ですが、包茎を治しても、包茎に戻ることがあります。
例えば、肥満です。肥満の人はお腹や顔につく脂肪を気にしがちですが、もちろん他の部分にも脂肪はつきます。

例えば股間です。股間に脂肪がつき、皮が押し上げられると亀頭が皮に覆われてしまいます。
この場合、初めから亀頭が露出しておらず、手術や矯正器具により亀頭が露出するようになったが、太ってしまったために再び皮に覆われ、包茎に戻ることがあります。

つまり、せっかく治療をして、包茎を克服したのに、肥満のために振り出しに戻してしまったということです。
それは手術を初めとする治療が必ずしも万能ではなく、包茎克服後は太らないような注意が必要だということをしめしています。

このように、包茎に戻るということもあるので、克服後も油断してはいけませんし、過信をしてもいけないということです。

包茎手術・包茎治療を高崎市でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ