包茎手術には入院、通院は必要か

包茎手術には入院、通院は必要か

日本人男性の半数以上が包茎であるというデーターがありますが、痛みや炎症があったり、生活やセックスライフに支障をきたす場合は、手術を選択する人が殆どです。

デリケートゾーンで、敏感な部位だけに、手術と聞くと、とても不安でお悩みになる方は多いでしょう。
また、包茎は、成長すればするほど、改善しにくくなるという話もありますので、どのタイミングで手術をするのかも大切なポイントです。

特に、社会人になってから包茎手術を行う場合は、手術に伴う入院や通院などで、会社を休まなければならないことを懸念し、なかなか一歩を踏み出せない方もいます。

実際に、包茎手術自体はそれほど難しいものではありません。
病院によっても方法や方針は若干異なりますが、部分麻酔を行い、切って、縫い合わせると言った比較的簡単な手術です。

その為、手術にかかる時間は、約30分ほどと言われています。手術前の説明や消毒、アフターケアなどを含めても半日から1日で終了することがほとんどです。状態が良く、順調であれば、その日のうちに帰宅することが出来るでしょう。

また、事後経過の観察、消毒、縫い合わせた糸を外す為に1度通院する必要があります。

特に問題が無ければ、何度も通院することはありませんし、完全に縫い合わさった後は、いつも通りの生活を行うことができるでしょう。
このように、包茎手術は、仕事や学業に大きな支障をきたすことなく出来るものなのです。

包茎手術・包茎治療を高崎市でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ

 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ