包茎手術の術後の万全なケア

包茎手術の術後の万全なケア

包茎手術はほとんどの場合日帰り手術が基本となっています。
術後から日常生活に戻ることになるので、患部の管理は自身で行っていくことになります。

不安に感じる方もおられるかも知れませんが、お悩みになる必要はありません。
適切な処置をしていけば、安全に経過を見守っていくことができます。

術後は帰宅して安静にしておくことが大切です、麻酔が切れた頃に痛みを感じますが、処方された痛み止で対処でき、2、3日で治まります。

3日程は患部を濡らさないように注意します。ビニールなどでしっかりガードすればシャワーを浴びることができますが、万全を期するなら、濡れタオルで体を拭う程度にしておいた方がいいでしょう。

また飲酒も控え、しばらくの間は自転車、バイクに乗ることも控えましょう。

4日程で一度包帯を取り、しっかり消毒して包帯を取り替えます、その際シャワーで傷口を濡らせるようになりますが、まだ感染症の恐れがあるので入浴はせず、軽く洗い流す程度にしておきます。

2週間程で抜糸され、消毒の必要もなくなり、浴槽に浸かることができるようになります。
自転車、バイクの運転、軽い運動もできますが、患部に負担がかからないよう気を付けましょう。

3週間を過ぎれば制限も無くなり普通の生活に戻れます。性行為も可能になりますが、できれば大事をとってもう1週間控えれば万全です。

包茎手術後のケアは医師からの注意事項を守り、しっかり管理していくことで、安全に元の生活に戻っていくことができます。

包茎手術・包茎治療を高崎市でするならココがお勧め!評判・口コミも!へ


 

サイトマップ

アンチエイジングに効果的なコスメ